2012年10月17日

リードに空気が通る そして音が出る

しばらくためていた色々な曲の練習。
そして、進まぬ難しい曲の練習。

遅い速度で弾き続ける。
アコーディオンの中にあるリードに空気が送り込まれる感覚を確かめながら弾く。
ひとつひとつの音を確認しながら、とても地味な練習だけれど、
1番、理想の音に近づける練習方法です。
時間がないとなかなか出来ませんが、なるべくこのゆっくりとリードに風が通る感覚を
大切に練習するようにしています。



posted by たかしまももこ at 22:35| アコーディオン色々 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。